買取り業者の回答は

ご安心ください。
「もちろん買取ます!」
との事です。
しかも、当然車が動かないので移動は出来ませんよね?
こちらも大丈夫です。査定人が直接そちらに伺う『出張訪問査定』を行います。

では車検が残っている事は、プラス査定となるのか?

車検は残っていた方がプラス査定になります。
ただ、車検の残存期間がどの程度あるかに因って変わってきます。

ならば車検を通してから売ろうかな?

既に切れている、
もうじき切れる、
という方は『そのまま売却しましょう』

実際にはプラスで査定される金額よりも、車検費用の方が高く付くのです。
車検を通したばかりのプラス査定でも最大6~7万といったところのようです。

車検に掛かる費用

法定費用

軽自動車

自賠責保険料 21,970円
(24ヶ月)
重量税     6,600円
印紙代  1,400円
合計    28,970円

普通乗用車

自賠責保険料 24,950円
(24ヶ月)
重量税 16,400円   24.600円    32.800円   41,000円
(1,000kg以下)(1,500kg以下)(2,000kg以下)(2,500kg以下)

印紙代 1,700円(3ナンバーは1,800円)
合計  43,050円 51,250円 59,450円 67,750円

法定費用だけでなく更に別途車検費用が掛かります。
最安の車検代行でも2万前後、高いディーラーなら10万は取るでしょう。
大よそ法廷費用に5万はプラスした金額が平均値ではないでしょうか。
これではいくらプラス査定されても元が取れません。
完全に時間と労力の無駄ですね。

まとめ

・車検が切れた車でも買い取って貰える。
・車検が切れた、もうじき切れるからと言って、わざわざ新たに車検を通すメリットはない。

確かに車検が切れてしまっていては、その部分でプラスに査定される事はありません。
ですがプラスされる金額以上に車検代は掛かってしまいます。
しかも、実は車検の残存期間でプラスされる金額は大して多く付かない事が殆どです。
中古車の買取業者は提携工場を利用する事で格安で車検を通せます。
あなたの車が何年、何か月車検が残っていたとしても売却するまで在庫として抱えなくてはいけない以上、その間も車検の残存期間は減っていきます。
あなたが高く車を売りたいように、買取り業者も販売店にて高く売ろうとしているのです。
ならば業者も売る直前に自社で車検を通した方が良い、と考えるのはお解かりいただけますよね?
仮に車検が残っていたとしても、車検が切れていたとしても、ここで重要なのは早く売る事です。
車の価値というのは車検の残存期間だけでなく、全て時間の経過と共に下がっていきます。
高く売りたいのなら『早く売る』
そして肝心なのは『最も高い値』を付ける買取業者へ販売する事です。
それを可能にするのは『複数業者への一括査定』
まとめて多くの業者を相手に査定に掛けて、あたなは最も高い値を付けた所へ売れば良いんです。
業者もなるべく在庫は抱えたくありませんし、在庫が不足しているものなら高くても買取りたいのです。
その為に『業者による価格差』が生まれます。
ぜひ『一括査定』を利用して、その目で最も高く売れる業者を見付けましょう!

 

まずは、一括見積もりを

こちらから申し込みをすれば複数社へ一括見積もりをしてくれます。
売る、売らないは別として、
まずは自分の車の今の査定金額を知っておきましょう!
申し込みはこちらから!!
入力はわずか1分で済みます!
carview

 

 

以上、車検が切れた車の処分や売却は買取査定して貰える?……でした。