犬や猫の飼い主を悩ませる問題

ペット同乗

ペットの『臭い』は、飼い主ではあまり気付かない事が多々あります。
自分の臭いに鈍感なのと同じで、ずっと嗅ぎ続けているうちに麻痺してしまっているんですね。
しかし、他の方は違います。

タバコの臭いと同じで、それを異臭として認識します。

マンションなどを借りる時に、ペットが禁止されているのは騒音の問題だけではないのです。
かなりの臭いが部屋中に残る事を大家さんが懸念しているからが理由です。

それと同じく、車も次に乗る、買取業者の手から更に第三者の手に渡る時に、ペットの臭いが付いたままでは当然販売など出来ません。
比較的臭いの少ない犬種や、猫なら左程臭わないじゃないか?
とお思いでしょう。
ですが別の問題もまた発生する可能性が高いのです。

それは抜け『毛』です。

これも飼い主は左程気に留めないかもしれませんが、販売にあたって除去するには臭いと同じく、
もしくは細かい毛の処理はそれ以上に手間が掛かる作業となります。

ペットを同乗させる事でマイナス査定は避けられない?

査定への影響を避ける事は、ほぼ出来ないでしょう。
ですが、それをより少なくする事は出来ます。

査定人は何千何百と車を見て来たプロですから、調べればすぐに分かります。
無理に隠し通そうとする事は止めて、出来る範囲内で行動を起こしましょう。

まず、ペットを同乗させる際には、小型種ならば必ずケースを使う。大型ならシートの上にタオルを敷くなどなどして、ペットが直接触れる機会を減らす。
これだけで臭いや、抜け毛の問題は大幅に減るでしょう。
また定期的に清掃を行う事も大事です。

 

臭いで臭いを隠すのはダメ

香りの強い芳香剤などで、ペットの臭いを消そうとするのはあまり良くありません。
確かに芳香剤は臭いの除去に左程手間が掛からない部類に入りますが、
もしこぼして跡が残るようなシミが付いてしまってマイナス査定の要因となってしまいます。
せめてファブリーズのようなスプレータイプで、しかも無臭の物が好ましいでしょう。

 

もしも臭いが取れなくても大丈夫

買取業者は中古車の扱いに関してはかなりの技術を持っています。
車の洗浄も確かにコストや手間が掛かりますが、新たな顧客に販売する為に多数の飼い主さん達から車を買い取って来た実績をお持ちです。
ただ『どこの業者に売っても良いのか?』と言えば違います。

ペットの有無に関して、最も高く買い取ってくれる業者を探さなければいけません。
また貴方の車を適正、もしくはそれ以上に買い取る業者も多くの中から見付けなくてはなりません。

数多有る業者を1件1件あたっては時間の無駄です。
ここは複数の業者にまとめて『一括査定』を申し込みましょう。
最大10社近くの業者から選んで、その内最も高い買取価格を出してくれた所に売る。
これが簡単で、かつ1番お得な方法です。
ろくに他社を調べずに、20万や30万も適正価格より安く買い叩かれては損するだけですから。

まずは、一括見積もりを

こちらから申し込みをすれば複数社へ一括見積もりをしてくれます。
売る、売らないは別として、
まずは自分の車の今の査定金額を知っておきましょう!
申し込みはこちらから!!
入力はわずか1分で済みます!
carview