輸入車は左ハンドルが高いは嘘?本当?

そもそも左ハンドルの国産車なんて、海外向けに作ったものを逆輸入でもしない限りないわけで、話は輸入車での右か左かに絞られるわけです。

海外メーカーの輸入車は左ハンドルが主流に思えますが、日本向けに右ハンドルに変えている車種もありますので、最初に左側通行の日本での利便性を考えて、右ハンドルの輸入車を選んだ人も居るでしょう。

さて、買取査定で大事な点は、
「需要」がどれだけ多いのか?
市場に在庫「供給」はどれだけあるのか?

この2点に尽きます。

折角外車を購入するのですから、と左ハンドルをステータスの一部として考えている方も当然います。
ですが、一昔前は無理に右ハンドル仕様に変更したお陰で不具合が出る車種もありましたが、現在は最初から右ハンドル向けに設計された車が出回っている点は、右ハンドル購入者に大きく作用しました。

日本国内での利便性から考えると、やはり右が運転しやすい。
もし狭い道で対向車とすれ違うような時、左ハンドルでは車幅が分からずに胆を冷やす事になるでしょう。

それだけならまだしお、ぶつけて事故でも起こしたら目も当てられません。
ベンツやBMWなどの有名な外車ブランドも、国内では右ハンドル仕様で初めから生産して輸出するなど、非常に珍しくなくなってきました。

確かに「需要」は在ったのです。

初めは憧れから皆が左ハンドルを選び、やがて利便性や生産の向上に因って右ハンドルの需要が上がり追い抜くことも。
そう、一時期は右ハンドル車が高く値が付くようなこともあったでしょう。
ですが「供給過多」になっているのが現状です。

中古車販売のサイトをご覧になりましたか?
右ハンドルのベンツが5000件出品されていたとしたら、その半分以下の2500前後が左ハンドルの出品です。

需要は左ハンドルもあるのに、売りに出されている右ハンドル車があまりにも多い。
この為に、同じ車種であり同じような走行距離や年式でも「左ハンドルの方が高い」状態が起きていることを理解して頂けたでしょうか?

また、左ハンドル車は海外にもそのまま売れる、という大きな利点も備えています。
外国は多くが右側通行です。イギリスは日本と同じく左ですが、海を越えたフランスなどヨーロッパ諸国の大半は右側通行です。
ご存知アメリカも右側通行ですね。
輸入車を買い取る業者、専門業車ならば、当然海外輸出も行っています。

そうなると世界を相手に需要先を見付けることが出来る左ハンドルの外車と、日本や右側通行限定でしか販売先のない右ハンドル車では、査定にも影響が出て当然なのです。

実は査定で本当に大切なこと

例え右ハンドルの輸入車でも諦めてはいけません。
国内で輸入車に強くかつ、その業者が持つ在庫が少ない車種ならば当然買取も他の場所で売るよりも高くなるのですから。
そういった条件を満たす買取専門業車を探せば良い。

また、左ハンドルの輸入車だからと胡座をかいている場合でもありません。
輸入車に強くもない業者に売っては、二束三文で買い取られて終わりです。
そこで強力な助っ人となるのが「一括査定」です。

こちらは複数の業者を相手に、しかも無料で査定を申し込める最強のサービス。
この業者いくら、こちらはいくら。
全て知ることが出来ます!
これならば、一番高い値を付けた場所に売るだけなので安心ですね。
手数料無料、入力も3分程度で終わるのですから、必ず利用しましょう。

まずは、一括見積もりを

こちらから申し込みをすれば複数社へ一括見積もりをしてくれます。
売る、売らないは別として、
まずは自分の車の今の査定金額を知っておきましょう!
申し込みはこちらから!!
入力はわずか1分で済みます!
carview

 

以上、右ハンドルか左ハンドルかで車の買取査定に違いは出るの?…でした